市場調査、産業全般にわたるマーケティングリサーチ、調査会社、BtoBマーケティング、コンサルティング


KOHKEN 工業市場研究所

お問い合わせ


市場性

ホーム > 目的・ニーズから探す > 市場性

調査ニーズ

  • 新規参入する市場の概要が知りたい
  • 特定市場の市場規模を確認したい
  • 新しい法律や制度などの自社への影響を確認したい
  • 特定ジャンルにおける各商品の売れ行き状況を確認したい
  • 自社商品の強み、弱みを明らかにしたい
そんな時は

市場性把握調査

当該市場に参入している企業を中心に、その他代理店などに対してヒアリング調査を行うことにより、市場規模の推移及びその背景要因、参入メーカーシェア、流通チャネル構造、価格動向、今後の市場見込み、市場参入のための課題点、などを明らかにする。


~下記の視点から業界を分析~
 1.業界動向(トレンド、特徴など)
 2.市場規模推移(国内、輸出入)
 3.競合メーカー動向(メーカーシェア)
 4.商品・サービスの動向(主要ブランド、新製品・サービスなど)
 5.流通&販促(チャネル、取引先、広告、SPなど)
 6.ユーザー動向(主要ユーザー、プロフィール、ニーズなど)
 7.問題点、課題点
 8.今後の展開
 9.その他
  ※海外でも同様の調査が可能


導入事例

導入事例1金属加工メーカーA社の事例

特殊加工技術を持ち自動車部品製造を主体とするA社が既存技術を活かし自動車以外の業界へ新規参入したい
調査手法
 競合企業及びユーザー企業への面接/電話ヒアリング調査
調査対象先
 同様の加工技術を持つ企業
 将来、顧客となり得るユーザー企業(産業機械メーカー、モーターメーカーなど)
市場調査
 ・市場規模推移(市場規模数値の把握、市場規模推移の背景要因)
 ・需要分野別市場規模(需要分野別の市場規模数値の把握、自動車分野以外の市場規模の把握、など)
 ・メーカーシェア(メーカーシェア、上位シェアメーカーの特徴及び背景要因、など)
 ・参入メーカーリスト(参入メーカーの売上規模、人員数、特徴、強み弱みなど)
 ・需要分野別主要ユーザー(需要分野別にどのようなメーカーが有力な顧客となり得るのか)
ユーザーニーズ調査
 企業概要(事業内容、所在地、人員数、売上高、など)
 現在の製造方法(現在はどのような方法で製品を作っているのか)
 対象製品の生産量(対象製品を年間どのくらい生産しているのか)
 現在の製品・製造方法に対する課題(既存の製品・製造方法に対してコスト/品質等の課題はあるのか)
 A社保有技術に対する評価
 今後の採用見込み(どのような条件を満たせばA社製品を採用するのか)
 新規採用に関する権限について(新規取引を行う場合、営業を行うべきキーマン・採用を決定するキーマンは誰か、など)
調査期間
 1業界あたり、1ヶ月半~2ヶ月

導入事例2システムインテグレーターB社の事例

既存の顧客とは異なるターゲットを対象とした新規サービスの事業化を検討したい
調査手法
 調査対象企業への面接/電話ヒアリング調査
調査対象先
 既に同様のサービスを展開している企業
調査項目
 ・市場規模推移(市場規模数値の把握)
 ・市場規模推移の背景要因(何故、市場規模が増加or減少しているのか、など)
 ・メーカーシェア
 ・メーカーシェアの背景要因(上位シェアメーカーの特徴、背景要因、など)
 ・参入メーカーリスト(参入メーカーの売上規模、人員規模、特徴、など)
 ・参入メーカーのシステムの機能、特徴(どのような機能を提供しているのか、他社との差別化ポイント、など)
 ・価格情報(主要システムの販売価格帯)
 ・営業方法(具体的な営業活動内容、広告手段、誰に対して営業しているのか、など)
 ・今後の市場予測(今後の市場規模推移の動向、背景要因)
調査期間
 1業界あたり、1ヶ月~1ヵ月半
分野から探す調査・分析手法とその特徴お問い合わせ