市場調査、産業全般にわたるマーケティングリサーチ、調査会社、BtoBマーケティング、コンサルティング


KOHKEN 工業市場研究所

お問い合わせ


Researcher's Eye

ホーム > Researcher's Eye

Researcher's Eye

2014.11.04

産学官連携による研究開発の促進

 企業が継続的な成長を実現するための手段の一つとして、イノベーションの重要性が高まっていると言われます。最近はイノベーション創出の“スピード”も求められるようになっています。
しかし、イノベーションを創出することは簡単なことではありません。
 このようなことから、企業が基礎研究から応用研究、開発・事業化までを単独で完結させる(自前主義)のではなく、大学や他の企業が持つ技術・知見を利用することで、新しい技術や製品を開発する“オープンイノベーション”を志向するケースが多くなっています。
 新製品や独自技術の開発が求められているにも関わらず、研究開発のために割ける費用・時間・人的資源が限られているケースが多いことも要因です。

 政府の成長戦略においても、大学のもつ研究成果・ポテンシャルを最大限活用することの重要性がクローズアップされており、大学側も学官連携窓口を設置するなど産学官連携に積極的になっています。「産学官連携は国立大学にとって重要な役割の一つ」として法律(国立大学法人法)で位置付けられていることも背景にあります。

 弊社ではこれまでの市場調査・マーケティング業務において培った様々な企業様とのネットワークを活かして、東北大学と企業の連携を支援する活動を行っています。つまり、企業様に対して東北大学の産学官連携窓口(IIS研究センター)をご紹介させていただく活動を行っています。
 具体的な研究テーマ・課題があるケースはもちろん、「ぼんやりとしたテーマ・課題があるけど、どの教授に相談すればよいのかわからない」「面識がない」「何かあった時にとりあえず相談できる所があるとよい」などのケースでもかまいません。
 少しでもご興味ありましたら、当社へお問合せいただければ幸いです。

■東北大学情報知能研究センター(IIS研究センター)とは?
東北大学大学院工学研究科に設置された産学官連携支援拠点です。
東北大学工学研究科、電気通信研究所、情報科学研究科が連携し、電気・通信・機械分野に関連する約80の研究室の協力により、大学が持つ技術資源を活用して企業の研究開発を支援いたします。


東北大学産学官連携プロジェクト 担当:宮澤
Tel:03-6459-0165 e-mail:t-miyazawa@kohken-net.co.jp

Researcher's Eye一覧に戻る

SELECT MENU

  • Researcher's Eye
  • ホームへ戻る

株式会社 工業市場研究所

〒105-0003
東京都港区西新橋3-6-10
マストライフ西新橋ビル

TEL

03-6459-0150

FAX

03-6459-0151